メインイメージ

借りずに生活していけない時代になっているのか

クレジットカードで買い物をするのは、基本的には「高いものを分割で買う時」という人や、その分の現金を持ってはいるけれど「クレジットカードのほうが、ポイントがたくさんつくから」などの理由がある人が多いのではないでしょうか。 しかし、中にはなんでもクレジットカードで買うという人もいます、スーパーなどは確かに提携しているクレジットカードでなどもありますので「お得」を目的として使う人も増えていますが、中には「生活費がないから」という理由で少額でもコンビニエンスストアのような場所でもクレジットカードで支払いをするという人も見たことがあります。 借金をしないと生活していけない、そんな日本になっているのでしょうか。 日本は豊かな国だと言われていますし、世界的に見ても先進国ですよね。 教育にも力を入れていますし、さまざまな補助などの制度もあります。 そんな日本に住んでいる日本人が「借金しないと生活していけない」こんなイメージはないかもしれませんよね。 しかし、日本にも貧困はあります。 貧困に苦しく子どもを助けるための制度など、現在多くの人に注目されつつありますが、それによると驚くような割合で「貧困」が存在するのです。 なんだか現代日本の中で……、と、びっくりする人もいるかもしれませんね。 もちろんこれは本当のことですよ。 しかし、お金がないからという理由でお金を借りるのはオススメできません。 お金がないんですから、お金を借りたら返せなくなるのです。 お金が返せないとさまざまな不都合が生じる可能性があります。 人間はどこからでも立て直せると思いますが、その時に振りになるようなことはしないようにしておくことが大切です。 どこからでも立て直せますが、過去にしてしまったことは、なかったことにはできません。 借金しなくても、お金が少なくても、きちんとやりくりをして生きていく、誠実さが一番大切なのです。 本当に生活に困った場合には安易に借金をするのではなく、公共の相談機関に相談するようにしましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) キャッシングのことわかってますか? All Rights Reserved.