メインイメージ

キャッシングはお金を借りる行為=借金だ

街中を歩いていると、キャッシングの機械をさまざまな場所で見かけます。 駅やショッピングモール、デパートなど、クレジットカードと提携している機会、みなさんも見かけると思います。 クレジットカードでも支払はできますが、カードを使うまでもないというか……どうしても手元に現金がほしいなというタイミングあると思います。 細かいものをイチイチ、カード払いで、というのは確かにめんどうですよね。 そんな時にはキャッシングをするという人も多いのではないでしょうか。 キャッシングは今ではさまざまな場所で気軽にできますので、利用したことのある人も多いかもしれません。 クレジットカードによるキャッシングを機械で行おうとする場合には、誰かに会ったり、バレたりすることがないので、気軽な気持ちで借りてしまいますよね。 しかし、誰かに会ったり、バレたりすることがないので気軽、というのは、キャッシングは「借金」だという認識があって、人に「お金を借りる」というのは「後ろめたい」という気持ちがあるからではないでしょうか。 その「借金は後ろめたい」という気持ちを忘れなければ、気軽に借りようという気持ちもなくなるかもしれませんし、キャッシングをした場合には「なるべく早く返そう」という気持ちにもなると思います。 しかし、借金をする時の心のハードルが低いとそのような「借金は後ろめたい」「なるべく早く返そう」という気持ちが薄くなってしまうのではないでしょうか。 実際には借金をする時の心のハードルが低くなったからと言って、返す時がたいへんではなくなったということではありません。 むしろ、借金をする時の心のハードルが低く気軽な気持ちで借りた人のほうが「お金を返すたいへんさを担う覚悟」をしないままお金を借りるので、お金を返す時のハードルが高くなるといえるかもしれません。 どんなに便利になっても、キャッシングが借金をするという行為であることは間違いありません。 キャッシングをする前には、本当に借りないといけないのか考える習慣をつけ、借りすぎることのないようにしましょう。

ページトップへ戻る
Copyright(C) キャッシングのことわかってますか? All Rights Reserved.