メインイメージ

BLOG MENU

生活をしていけないくらいになっているか

2014/09/04

キャッシングが出来る器械は、街のあちこちで見かけますよね。 人に会うこともなく、気軽に、必要な時に必要なだけ現金を手にすることができる、たいへん便利なものです。 しかし、その気軽さゆえに、本当は借りなくてもいいお金を借りすぎていたりしませんか? たとえば、これから友だちと出かけるから1万円必要だと思っているとしましょう。 そして、手元にお金がないからとキャッシングをしようとします。 その時、つい「やっぱり足りないとイヤだから1万5000円借りておこう。いや、2万円はいるかな」といった風に~

キャッシングは危ない

2014/08/20

いまは、街のあちこちにキャッシングできる機械が置いてあるので、お金が足りなくなった時に手軽にキャッシングができますよね。 借りるといっても、誰かを顔を合わせたり、審査が必要だったりするわけではないので、借りることに手間もなく、使いたいなと思った時に手軽に借りることができます。 ともかくすぐに手元に現金が必要、というシチュエーションの時にとても便利ですよね。 確かに、キャッシングは便利です。 需要があるからこそ~

軽い気持ちで借りないこと

2014/07/24

一時期、問題になった時期があったかと思いますが、キャッシングのテレビコマーシャル、みなさんは覚えていますか? 軽い気持ちで、ちょっと借りて、給料日がくれば返せばいいよ、計画的に使えば大丈夫だよといった感じの「お手軽感」みなさんはコマーシャルを見て、キャッシングは気軽にできるイメージになりませんでしたか? もちろん、コマーシャルというのはその商品の購買意欲を高めたり、利用者を増やしたりするために行っているのですから、会社側からしたら間違ったアピール方法ではありません。 しかし、あまりに気軽に借りることができるイメージで~

ページトップへ戻る
Copyright(C) キャッシングのことわかってますか? All Rights Reserved.