メインイメージ

キャッシングのことわかってますか?

クレジットカードには物を買う時に利用するショッピング機能と、現金を借り入れる時に使うキャッシング機能のどちらかもしくは両方の機能があります。 ショッピング専用やキャッシングおよびカードローン専用のカード契約も存在します。 どちらの場合でも加入時に審査があり、過去の信用情報などで契約ができるかどうかや借り入れ上限金額などが決まります。 ショッピング利用は店頭レジやオンラインショップで購入する際に選択できます。 キャッシング利用には、ATMや窓口で現金を受け取ったり指定口座へ直接振込みがされる事で成立します。

利用後の返済方法は、一括払い、分割払い、リボ払いがありますが、キャッシングは翌月一括払いかリボ払いが一般的です。 つまりほとんどの契約内容で分割払いで現金を借りる場合はカードローンとなります。 返済完了までに支払う総額は利息がその都度加算される為に、キャッシングの方が少なくなります。 もし、給料日など返済できる予定がわかっているならばキャッシングを利用した方が、利息の計算も返済計画も立てやすいので、手軽に利用できます。 逆に数ヶ月に渡って支払いをする場合、リボ払いのほうが利息が多く設定されているので期間や金額でシミュレーションをしてから契約する事が肝心です。

カードローンでの分割はショッピング機能と同じで指定した回数で割ったものが請求されますが、当然利息も借り入れ期間中に加算されます。 また、リボ払いにはショッピング枠とキャッシング枠の請求がそれぞれ計算されるので、上限が決まっているからと安易に使うと合算されて予定より大幅に多かったりなどもあるので、無計画に使うと危険です。 個人が借りられる金額は総量規制があり、加入している信用取引すべての合算が最大でも収入の1/3までとなります。 これはショッピングには適用されないので、現金としての取引の総額となります。

返済方法は、ATMやキャッシュディスペンサーや窓口で現金支払い、指定された銀行口座への振込み、自分の口座から引き落としをしてもらうなどです。 自動引き落としで残高不足など、支払いが滞ると利息とは別に損害遅延金が発生する事もあります。 また支払いが止まっている間は、クレジットカード機能を停止する企業が多いです。 数ヶ月滞納するといわゆるブラックリストへ掲載されてしまい、他社での新契約などで信用取引が断られるようになる可能性もあります。 万が一、支払期日までに間に合わない場合は、精算関係の窓口へ連絡をいれておくべきですね。 そうならない様にも十分に考えてから、借り入れに踏み切って下さい。

毎月支払える金額で利息を増やさないためにも、計画はしっかりと立てて利用しましょう。

注目サイト

銀買取専門!精製分析も査定に使う
特殊な商材からの銀材・銀含有物だって評価はしっかりと

過払い金があること知らない人も
自分にも過払い金が知ることからはじめよう

不動産投資で税金対策を
莫大な額を税として納めるよりも建物に

海外ボランティアは学生向けな内容も
経験を積めるからこそ、学生向けな内容かも

ページトップへ戻る
Copyright(C) キャッシングのことわかってますか? All Rights Reserved.